2009/04/23

SIGGRAPH 2009

Emerging Technologiesに採録されました。
8月に行ってきます。

2009/04/14

SCOTT PILGRIM




アメリカ出張についていろいろ書きたいことはあるのですが、
とりあえず「この漫画がすごかった!」で。スコット・ピルグリム(SCOTT PILGRIM)のシリーズ。
ボストンの本屋で1巻を買ったのですが、あまりに面白いので
次の日にはamazonで、残り4冊を注文しました(読めたのは日本に帰ってから)。

1巻あらすじの訳
----
スコット・ピルグリムの人生は最高だ。彼は23歳でロックバンドに所属、
現在”職探し中”で、かわいい高校生とデートしている。
全てが上手くいっていた彼をぶっ飛ばしたのは、危険でファッショナブルで
ローラーブレードを持った配達の女の子、ラモナ・フラワーズだった。彼女は
彼の夢に現れて駆け抜け、彼をパーティーへ呼び出す。
しかし彼女、フラワーへたどり着く道は茨の道。ラモナの7人の「邪悪な」
元カレがスコットの幸せに立ちはだかる!果たしてスコットは、悪い奴らを
ぶっとばし、彼女を手に入れ、彼の小さくも大切な人生を守れるだろうか?
----
邪悪な元カレは本当に邪悪です。戦闘中にファイアボールとか撃ってきます。
http://www.scottpilgrim.com/

分かる人に分かるように言うと、ラブロマと四年生とフリクリ足した感じの漫画。表情もシンプルで、かつ分かりやすい。
あと、いろんな意味でビデオゲーム世代が作った漫画なので、読みながらニヤニヤ共感出来ます(大事なシーンの前にセーブポイントがあったら、セーブしたくなりませんか?)。

向こうでの日本の漫画の影響が、かなりデカくなってきたように感じます。
英語文化圏へのアレルギーがこの本でやっと無くせた(深く読みたい作品が見つかった)のが、個人的な収穫。

映画化もするみたいなんですが、日本でやるかな…
http://www.scottpilgrimthemovie.com/