スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

初期投資5000円で無限に白身魚を食べる方法

1. はじめに 世の中で一番安い肉は、おそらく鶏肉です。日本では胸肉が一番安い。その次は豚肉で、牛肉はさらに高いです(羊はもっと高い) 魚はどうかというと、グラム単価では豚肉よりも高い食材です。そのため、意外と食べる機会はないんじゃないでしょうか。肉より魚のほうが栄養的には望ましい、と言われますが、魚を買うのはなかなか大変です。わりと安めの冷凍魚(輸入物)でも、キロ当たり500円くらいはすると思います。 そういう魚肉が、もし初期投資 5000 円くらいで、無限に手に入ったらどうでしょうか? しかも冷凍品ではなく、新鮮なものだったら?というのがこの記事の主題です。 そんなうまい方法あるのか?ということですが、あります。ただ、ちょっと手間はかかります。が、慣れれば全サイクルを数時間で回し、かつ作業中に他のことをすることも可能です。あと、楽しいかもしれない。 こういう白身魚が好きなだけ食べれます 狙うのはアメリカナマズ。これを釣ります。 食用目的で輸入されたものが逃げ出した、という経緯で住み着いた特定外来生物で、関東では霞ヶ浦や利根川、多摩川で多く生息してます。特に、霞ヶ浦には異常な数が居ます。生態系を破壊するだけでなく、背びれ、胸鰭で漁具を壊したり、漁師さんを傷つけたりする、という点でも厄介な生き物です。よって、行政より処分することが強く推奨されています。釣ることに罪悪感が少ない魚、比較的 guilt-free な魚です(まあ、生き物を食べてることには変わりないので、その点は罪悪感無しとはいきませんが)。 かつ、この魚は食用魚の中でも普通に美味いほうです。駆除のため仕方なく食べるか……とかそういうレベルではなく、普通に美味しいです(個人的にはタラレベルに美味しい)。しかもウシガエルや他の食材と違い、身が大きい。 5匹。25~50cm大まで。これで一週間は食いっぱぐれない ネットを見ると泥臭いという話もありますが、アメリカナマズはちゃんと手順を踏んで処理すれば全く泥臭くなりません。なお、日本のナマズは絶食状態で泥抜きの必要がありますが、アメリカナマズは内臓と皮を落とせば、身に泥臭さはほぼ残りません。 というわけで、釣りましょう。 ※なお、いろいろなサイトの情報を参考にしまし

最新の投稿

HAIシンポジウムアドバンスドオンライン(シンポジウムの有志Zoom開催)覚書

VR社会は痛覚を刺激できない

Drawing AI Ethics in Manga - "AI no Idenshi"

人工知能学会の表紙について、会員として調べた/考えたこと

クオリアに才能を投資するべきでないと考える理由

Nexus One

Free Beer!

SIGGRAPH2009参加中

SIGGRAPH2009出展

i-Sobotのモーターはすばらしい。